full moon in the blue heaven
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 幸せの在処 / main / 12/7/29 風とロック >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
独り言
もともと絶対音感はB♭、C、F、Gの音くらいしかなくて、あとの音はそれらと比べて探り当てるっていう音の取り方をしてたのだけど、さいきん頭の中の音程がずいぶんくるってしまって今じゃドの音すらわからない。
つまりあの音程は絶対音感でもなんでもなかったんだなあと思ったけれど、じゃあいったいなんて呼ぶんだろう。
ドの音がわからないっていうのは、想像以上に自分に混乱を引き起こすもので、鍵盤を押さえて叩いて引っぱたいてはみるんだけど、どうにも頭の音とずれている。
自分が欠陥品だと気づく。

音とは記憶なのかもしれない。
幼い頃ピアノを習ってメジャーコードを学んだ。ハ長調の音階で繰り返し機↓検↓后↓7、機2薪戮發覆鵑匹盞り返して、ドとファとソの音を覚えた。
中学校に入ってクラリネットを買った。「これがドだよ」と言われて押さえた指使いに息を吹き込むとB♭が鳴った。毎日何十回もその音を吹いた。

どれだけ「これが自分だ」と思ったものでも、簡単に失われ消えていく。
そんな欠陥品だから、今日も大量のガラクタを目から耳から詰め込んでは、「無くす前に」と捨てていく。
- / comments(0) / trackbacks(0) / mippo /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mipp0.jugem.jp/trackback/937
トラックバック