full moon in the blue heaven
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
漫画みたいな夏がやってくる
「ねぇーYちゃん」
「どした?」
個別指導塾でのバイトが終わって、教室内でだらだらしながら高校時代の同級生Yちゃんに声をかけると、くるっと振り向いて返事をしてくれた。
「今日ひさしぶりにT氏を見かけてね」
「ほう」

「ていうか私目悪くて手ふられてるのに気づかなくてさ、無視しちゃった」
「うわーT氏傷心じゃん」


バイトより少し前、この日の放課後のことである。
友達二人と、「月曜の会をやりましょう」という話になった。月曜の会とは月曜日の放課後に学校近くの大戸屋に寄って、ご飯やデザートを食べる会である。前会計のその店でレジに並んでいるときに、カウンター席の端でご飯をかきこむ男の子がこちらの方角に手をふった。
推定距離は五メートル。雑然としたレジの周りの誰かにふったのだろうと解釈し、私は無視してメニューに向かった。


「でね、あとからカバンに見覚えがあるなって思ってよく見たらTだったのよ」
「学校ならともかくそんな公衆の面前で恥かかすなんて、かわいそうな」
「そんなにひどくない、ない。で、お茶とりにいくついでに声をかけた」


彼はちょうど立ち上がって帰ろうとするところだった。腕をたたいて振り向かせた。
「ねぇ!さっきごめん、手ふってくれてたでしょ?」
「あぁ、あいかわらず目悪いんだねー」
「ますます悪くなったかも」
二ヶ月ぶりの再会である。

「なぁ、お前の弟の話」
彼はいきなり唐突な話をはじめた。
「なに?」
けげんそうな顔をした私にたたみかける。
「え、弟の彼女、知ってる?」
「は?うちの弟に彼女がいるの!?」
青天のへきれきである。

「彼女だって?知らないよ?なんの話!?」
聞き返す私に彼はにやっと笑って、
「ま、いいや、べつに。じゃあな」
立ち去ろうとする。
「ちょっとまってよ!なんでそんな中途半端な話すんのよ!」
「大丈夫、聞けばわかるから。じゃあな」
行ってしまった。


「そんなわけでね。うちの弟とTの妹が同じクラスなんだけど、それにしてもなんでそんなこと知ってるっていうか大体何の話だったんだっていうか……」
いぶかる私にYちゃんがこたえた。
「あー兄弟どうしもおんなじクラスらしいねー。この前あいつ言ってたよ」
「は?いつ?」
「なんか部活で集まったとき。けっこう言いふらしてるみたいね」

はぁ、である。
そもそも私だって、彼から聞かなきゃ弟のクラスの面子なんて知らなかったのだ。どうして自宅住まいで毎日顔をつきあわせて一緒に勉強している私より一人暮らしの彼のほうが、弟の事情に詳しいんだ。そしてなぜそんなどうでもいいことを言いふらすんだ。

「だいたいさぁ!あいつなんかに彼女ができるだなんて!」
姉は時たま嫉妬する。
「まあまあ。弟くんも、今何歳?」
「十七かなぁ」
「セブンティーンだなんてさ!いいじゃん、青春するくらい!許してやんな!」
Yちゃんの笑顔は底抜けだ。

「まぁ、そんなのはどうでもいいんだよ。一番こわいのはねぇ……」
私は一番おそれていることをぶつけてみる。
「うん」
「『お前の弟とうちの妹付き合ってるんだよ』って言われたらどうしようかと思って……」
Yちゃんの顔が真顔になった。
「うん……まぁ、ありうる、よね」
そうか、やっぱりあり得るのか。
いやだなぁ。
どうしよう……。


家に帰ってから階段を飛び上がって弟の部屋を覗き込んだ。
「ねぇ、質問があるんだけど」
彼は椅子をくるっと回して耳からイヤホンを抜いた。
「ん?」

「あんたの彼女ってだれ」
「は?」
彼は不敵な笑みをこぼした。
「っていうか、今つきあってるだけだよ」
なんという言い訳だろう。
「彼女ってだれ」

にやにやしながら彼は私にその名を告げた。
ノンフィクション99% / comments(2) / - / mippo /
備忘録
五月の初めごろ。私が重度の五月病に冒されていたころ。
私は一通のメールを(精神的なものとしての)身内に同時送信した。「気持ち悪いカラオケをやりに行きましょう」。
そして雪崩のようにやってきた「了解!」の返事。
日時は二週間後の金曜日に決定、メンバーは五人。

「日ごろの鬱憤を晴らす会(仮)」と題されたこの会は、いわゆる「縛りカラオケ」というものだ。近年ではいわゆるオフ会、インターネットのサイト上で集った同志のリアル会合にてしばしば目撃されるというそんな特殊カラオケを、推定半径800メートルの住民どうしで行えるだなんて極めて稀な例である。
日時が決定してから私の携帯にはことあるごとにメールが届いた。「カラオケ楽しみだね」、「楽しみすぎてしょうがない」、「あと三日だね」「明日だね」「ついに今日だね」エトセトラ。みんなそんなに鬱憤を晴らしたいのであろうか。「鬱憤をためる」という行動そのものにハイテンションになってしまっている可能性も捨てがたい。

そしていよいよ訪れた当日。アニメのヒーローが必ず悪の脅威にさらされるように、愉快な計画にはえてして不条理な不幸が降りかかるのである。

「今日の予定は?」と午前授業を終わらせて帰ってきた私に母が尋ねた。「そのうちノジマに行って、それからUちゃんとかと遊んでくる」、そう応えると、「はっあんたたちノジマで遊ぶの?」と驚いた母の声。私はしっかり接続詞を使ったのに時系列を無視しないでほしい。「それから」なんて書名にもなるくらいエライ接続詞なのに。

予定通りノジマに行っていまさらながらの iPod デビューを果たすと(私は今までMD派だった)、今日の参加者Mちゃんからメールが入った。「遅刻する予定だったけど用事が早く終わったから間に合いそう」。
めでたいなぁと思いながら自転車をこぎこぎ、カラオケに向かう。着いたら時間が早かったので向かいの郵便局で通帳の残高を確認し、出て行くとUちゃんがきていた。
「おはよう」と私。はにかみながら手をふって近づいてくるUちゃん。かしげた首は彼女のポーズであって、けして本気ではにかんでいるわけではないと信じているが。
「見てー雑誌かっちゃったぁ」「はいはい」

二人で待っているとすぐにSちゃんがやってきた。
「おはよー」
「や、暇つぶしにくろうした」、とSちゃん。「えっ私も暇だった!」とUちゃん。「なんだー連絡すればよかったね!」
どうやら二人とも学校帰りで時間が中途半端だったらしい。待ち合わせの時間を17時25分などという微妙な時間に設定した私の思考回路も中途半端だったかもしれない。
「Nちゃんは駅についたら連絡くれるって言ってて、Mはもうすぐくるかも」、と今までのご報告。ちょうどよくMちゃんから「今から電車に乗るから十分後くらいに着く」とメールがくる。

「あと十分だって言ってるから、入らないでまってよっか」と私が尋ねると、「そうしよう」と二人。それぞれが「いかにこの会を楽しみにしていたか」について語りだす。
と、そこへメールがきた。普段はちっともメールに気づかない私も、今日は携帯を握りしめているので気づかずにはいられない。「あっMからメールがきたよ〜」

「マジウザイ
 人身事故で電車がこない」

ちなみに冒頭の、「もうすぐだね」「明日だね」「今日だね」とメールを送ってくれたのはすべてMちゃんである。

「どうしよう、人身事故で電車こないんだって!」「ほんと!?」
「なんか他にくる手段あるかな!?」
「とりあえずメール返すわ!」
Mちゃんと連絡を取り合って、結局彼女は別の路線を使ってくることになった。ただしそちらの駅が遠い。あと三十分以上はかかるだろう。

そうこうしているうちに、もう一人のNちゃんからメールがきた。「今、駅につきました〜」
「Nがもう着いたってさ」、彼女はけっこう遅刻する予定だったのである。
「おー、じゃあNを待ってよっか!たぶんMよりはやいよね」「そうだね」
そういいながら雑談モードに入るもすぐに、携帯が鳴り出す。「電話!」

「もしもし〜N〜?」
「ねぇごめん久しぶりすぎて道に迷ったほんとごめん」「……今なにどこいる?」
「駅からでてぇ〜……」「わかった、じゃあそこいて!迎えにいくから」
「ごめんねっほんとごめんね」

「Nが道に迷ったってさ」と告げると、UちゃんとSちゃんは大爆笑した。きっとそうなるだろうと思っていたのだ。私も一緒に笑ったのだから三人そろって薄情な友達である。
無事に落ち合えたNちゃんは「あと三十分で帰らなきゃならない」と衝撃の言葉を口にした。
「えっそんな!」
「しょうがない、Mは待たずにもう入ろう」
私たちは突入した。

部屋に入ったその瞬間からハイテンションである。最初に入れた曲が[本人映像つき]で、プロモーションビデオが流れ始めたとたんに大爆笑。「うそっなにっ若いっ!」「えーっすごい!」「なにこれ変なダンス!」
歌いもせずに画面に向かって爆笑しているのだから、四人そろって薄情なファンである。いちおう八割がたは愛ゆえである。

しばらくしてNちゃんは帰り、私の携帯は振動した。
「今駅」、Mちゃんは簡潔なメールを寄越した。「カラオケについたらもう一度連絡して」と告げると、少ししてから「ついた」とまたしても簡潔だった。

ようやく到着したMちゃんはプンプンしていた。私と再会の抱擁を交わすとリモコンをむんずと掴み、一気に五曲くらい送信した。十分後にはMちゃんの予約は十曲ほどに膨れ上がり、その中にはなぜかプリキュアが二曲含まれていた。今日のカラオケは断じて「アニソン縛り」ではない。

楽しい時間は過ぎるのが早い。結局飲まず食わずで三時間ぶっ通した。私は一人だけ持ってきたお茶を飲んでいたが。
最大予約曲数が二十曲、合計で五十曲くらい歌って今日の会は終了した。百曲残る履歴が半分うまった。私は「いつか履歴を全部うめてやる」という野望をうちたてた。叶って消えるまでは、野望は野望のままでいてくれるだろう。

最後に、どうしてもお金の計算があわなかった。よくよく考えた結果、Nちゃんは二百円をおいていってくれたが彼女が払うのは百五十円だけだという結論に達した。
というわけで、私は現在五十円を横領している。このままじゃ絶対に返し忘れると思ったので、忘れないためにこのお話を書きました。
ノンフィクション99% / comments(5) / - / mippo /
少し早く帰れた日には
甘味欠乏症、にひさびさにやられてしまった。乗換時間が四分しかないことをしっかり調べて、買う暇はないよ、と自分に言い聞かせたはずなのに。
気付けば売店に向かう足をとめられなくて、カバンの中にはドーナツが一つ。

思ったより電車が混んでいて食べられなかったドーナツの袋を、家の最寄り駅についてからようやくあけた。改札を抜けて、階段を下りて、横断歩道にさしかかったあたりで食べ始める。市内に二つあるうち小さいほうのこの駅は、駅前といったって形ばかりのロータリーに信号すらついていない、のどかなものだ。私が渡り終えるのを律儀に待っていてくれる黒いタクシーに敬意を表し、ドーナツをくわえたまま小走りする。

むこう岸まであと三歩のところで、人を一人追い越した。ふとその顔を見て、あれと思う。Sくんである。
Sくんはさらりと私を追い抜きかえし、パチンコ屋の横道へ抜けていった。私の帰る道と同じ。もしかして同じ駐輪場かな。
食べかけのドーナツは恥ずかしいからカバンにしまい、見られていてなおかつ無視されていたらどうしようと疑問に思い、後ろ姿を追いかけた。けっこう歩くのが速くて、大変だ。

Sくんは私のことを覚えているかな、と考えた。彼とは中学、高校と六年間も同じ学校に通った仲だ。同じ大学に進学したから、二人とも無事に卒業すれば一番長い関係になるかもしれない人だ。

ただし、彼とは一回しか話したことがない。そこが問題なのだ。六年間もあったくせに一回も同じクラスにならなかったのだから。唯一話したその一回は大学一年の春、学校前の信号待ちをしている最中のことだ。横顔に気付いて、声をかけた。
「おはよう」
Sくんはさっくり振り向き、「おはよう」と返してくれた。べつに普通だった。始まったばかりの生活について少しばかり会話を交わし、授業を受ける校舎が全然違ったので別れたのだった。

一回しか話したことがなくては、彼がどんな人だか判断することもできない。今ここで声をかけて、駐輪場まで会話がもつ相手だろうか。大体、私はたいていこういう時にずっと相手の後姿を眺めているのが好きなのだ。好きならそうすればいいんだろうな。チャンスがあったら声をかけよう。

Sくんは全身茶色に覆われていて、服だけ見たら秋とか冬とかそんな雰囲気だった。あまり背は高くないけれどがっしりした身体を機械的に動かして歩き、たまに足並みが乱れて面白かった。
まっすぐ進んで、左に曲がって、右に曲がって。あれ、駐輪場に着いちゃった。目的地は同じだったんだ。

「Sくん」
Sくんはくるっと振り向いて、「おう」と返事をした。
「久しぶり」、と声をかけながら自分の自転車に向かった。彼は自転車を入り口近くにとめていて私はずっと奥のほうだったから、待っていてくれるかな、とちょっと思った。あれはただの挨拶で、私が駐輪場を出るときにはとっくの昔に姿が見えなくなっていても全然おかしくないよな、と思った。

そんなSくんは、私がのんびり自転車を押していくと、カバンの中身をがさごそやっていた。何かを待っていたというわけではなさそうだ。
「鍵が見つからない」

あらま。
Sくんはそれからしばらく、カバンを探ったりポケットを探ったり、自転車に鍵がさしっぱなしでないか確認したりしていた。「だめだ、なくした心当たりが多すぎる」

私はちょっぴり意外だった。Sくんは中学校のときからまじめで、少なくともまじめな少年に見えて、高校でもまじめを貫いたらしく今通っている大学へも指定校推薦でさらりと通ってしまっていた。
大学へ入ってからも高校時代のサッカー部にたびたび顔をだして、コーチをやってみたり合宿に参加したりしているような、そんな一風変わったまじめさを彼は持っていた。そんな彼でも自転車の鍵をなくすのね。

「あっちの自転車屋まで根性でひっぱっていって、鍵ぶっこわしてもらうかなぁ」
「そんな!スペアの鍵もってくれば」
「スペアもとっくになくしたさ」
Sくんはそういって顔をしかめた。
「それならおじさんに頼んでみれば」
私は、駐輪場のおじさんを指差しながら、提案した。
「うーん、そうしようか」
ほんとに壊しちゃっていいらしいなぁ。

「そういえば、学部どこ?」
Sくんがまたポケットを探り出したので、私は尋ねてみた。私は理工学部だと思い込んでいたのだけど、この前うちの母が「商学部だって聞いた」と断言したからだ。
「理工だよー」
やった、勝ち。

「二年生はたいへん?」
「まぁそこそこ。実験が秋学期だからさ、まだ楽だよ」
「実験ってたいへんなんだってね」
「そうだねー、理工学部だから、実験を楽しいと思えなきゃいけないのかなーなんて考えるよ。でもめんどくさい。たいへん」
「ふーん」
「小学校のときとか実験楽しかったでしょ」
「まぁね」
「今全然そんなんじゃないもん」
そんなこといいながら、でもちょっぴり楽しそうに彼は笑っていた。

「すみませーん、鍵壊してもらえませんか」
Sくんが決意通りにおじさんに声をかけると、
「なに、壊しちゃって、いいの。なら書類かいてもらわなきゃねぇ」
「書類なんているんすか」
「あとから面倒になると困るからだよ」
「へー」

おじさんについていくSくんの背中に、「じゃあ、がんばってね。無くし物には気をつけなよ」、と声をかけて私は自転車をこぎだした。「じゃあね」という声が聞こえた。ここで彼の鍵が壊れるまで待ってて、一緒に帰ったりしたら、新たな一章が始まっていたのかもしれない。
家について、「ただいまー」と声をかけて、椅子に座ってドーナツの残りをとりだした。

「あんたなんでそれ食べかけなのよ」
「まぁ色々あったのさ」
ノンフィクション99% / comments(0) / - / mippo /
ありふれた恐怖
「たっだいまー、疲れたぁ」
ドアをあけながら声をかけると、ソファーの上から、
「おかえりー」
と二つの声が重なった。どうやら我が家の弟たちは、サッカーの練習もなくて友達と遊びにも行かなかったらしい。三割くらいの確率で訪れる、平凡な週末風景だ。

ただし、そこからが問題だった。彼は右手に持った白いノートを頭の上に掲げ持って、朗らかにこう尋ねたのだ。
「これ、mippo の日記?」
「!!??」

はい、まぎれもなくそうですとも。
まぎれもなく私の夢や希望や願望やら妄想やらがつまった日記ですとも。
ライブのチケットうっかりはっちゃったりしてますとも。
えー昨日なに書いたっけ!やばいこと書いたっけ!
おとといはなに書いたっけ!

ってかどこにあったんだよ。
ってソファーの上か。
そうだよなぁ昨日おきっぱなしにしたもんなぁ。
うーん改めて見るとソファーの上のガラクタの三分の二は私のものですね。
すみませんリビングの環境破壊してごめんなさい。
「うんーそうだよーそこにおいといてー」
冷静なフリ完了。



私が日記をつけはじめたのは2003年の12月28日である。中学三年生、受験戦争まっただなかの冬休みである。有隣堂で四百円で購入したA5サイズの方眼リングノートには、その頃夢中だった「クラスで迷走中のKくん」や「芸能界で迷走中のFくん」についてが書き綴ってある、たぶん。恐ろしくて直視することはできない。

高校時代に入ると日記はさらに恥ずかしくなる。登場人物が今の私と意外な関係性にあることが多いからだ。当時は、「この人は今一時はまってるだけの人だから好き勝手書いてもいいよね」、なーんて思っていた人が、最近になっても付き合いが続いていたりするのだ。今もし私に何かがあって彼女に彼に日記を読まれたらどうしよう、みたいな杞憂というか夢想というか。

ちなみに大学受験期の日記は、混迷をきわめていて意外とおもしろかったりする。勉強しなきゃ、でももう嫌だ、そんなもどかしさや自己嫌悪を他に発散させる場所がなかったからだ。夢で見た風景がカラーで描いてあったり、「ばか」「あほ」って三行くらい書いてあったり、人の顔がたくさん描いてあったり、「DV」って太字で書いてあったり、「やりたいことリスト」はともかく「子供につけたい名前リスト」まである。

今の日記は四冊目だ。去年の九月から使っている。ブログという新たな発散場所もできたことで、一番落ち着いた精神状況でかけていると思う。いろいろ新しいこともやっていて、授業でおもしろかったことや旅行の記録と収支決算、本を読んでいて印象的だったフレーズなんかが書き留めてある。以前からの知り合いで顔を出す人は固定化していて、たくさんの新しい人が出たり入ったりしている。



そこまで走馬灯のように考え直して、安心した。見られたとしたって一番安全なやつじゃないか。今の彼らの歳と同じ中三時代のなんか見られたら、たまったもんじゃないけども。そうだなぁ。今のあいつらがあの頃の私みたいなことばっかり考えてたとしたら、なんとなく嫌だな。コドモはひたすら純朴で愚鈍であるべきだ!

そんな私も弟たちの、「一年に一回くらい書いてみる日記」を盗み見したことがある。祖母からもらった可愛らしいピンクのワンちゃんノートだ。小学校のマラソン大会で三年連続の二位をとった日の誇りと悔しさをつづった日記は秀逸だった。姉バカかもしれないが、どこか真っ当なところに出したら佳作くらいはとれるんじゃなかろうか。「プライド」とかいうテーマで。

つまりは見られてもお互い様だってことだ。私のいないところで弟数人に日記を覗かれて、
「mippo って毎日こんな妄想してるらしいよ、気持ち悪いな」
「意外とロマンチストだったっぽいね」
「オレのこともかけよ」
「ってか日記つけるとかよっぽど暇人なんだね」
「オタクめ!」
なんて言われていないことを願うのみだ。
ノンフィクション99% / comments(2) / - / mippo /
コンストラクト
今日は情報処理の授業があってパソコン室に少し早めについたから、友達を待ちながら足をぶらぶら、椅子をくるくるさせていた。パソコン室の椅子って、それがどこの学校でも、ちょっとだけ高級感が漂ってる気がする。
ドアからぽつぽつ現れる人たちを見ていたら、親近感のわく顔がひとつ。よく見たら、体育の授業が一緒のKくんだった。


先々週の月曜日。2回目の体育の授業は、時間ぎりぎりに着替え終わった。みんないるかなぁ、とおっかなびっくり体育館を覗き込んだら目が合ったのが彼だったのだ。

「あっ」
と声を上げたのがどっちだったかは覚えていないけど、
「先週も一緒だったよね」
たしかそんな風にKくんは話しかけてきてくれた。

「うん、そうだよ。ね、法学部だよね?」
「うん」
授業で見かけた記憶を頼りに尋ねてみると、どうやら正解だったらしい。
「準備手伝ったほうがいいかな」
「そうかもね」

「次の行政学とってる?」
「とってるよ。あの出席の取り方はまじ勘弁」
「たしかに」

ひょろひょろしたKくんの背格好は、穏やかな彼の喋り方によく似合っていた。白いTシャツの中身がどのくらい細身なのか気になる。かなり、気になる。

細長い手足をもてあましたような彼の動きを観察しながら、そんなことしてたらうっかり地面を踏み外して足をひねったりしながら、授業は過ぎていった。少しだけこれからが楽しくなりそうな、甘い予感。

次にKくんを見たのはその日の放課後。かっちりジャケットに包まれた細い背中を見ていたら、いてもたってもいられなくなって、珍しく勇気をかき集めて教室からでるところを掴まえた。

「ねぇ」
「あ、さっきの」
振り返った彼がこたえる。
「どうも」

「この授業もとってたんだ」
「うん、そう」
穏やかな相槌が心地よいかもしれない。
「月曜はたくさん被ってるんだねー」

「名前なんていうの?」
ようやく気になってたことをきいてみた。
「Kです」
「ふーん、Kくんかぁ」
けっこう平凡だなぁ、と復唱した私に、
「そっちは?」
とKくんは聞いてくれた。質問というのは、たとえ尋ね返しであっても、嬉しいことがあるものだ。

「Mといいます。これから、よろしくね」
そう答えて手をふって、背中合わせに立ち去った。


そんなKくんと再び、今度はパソコン室で再会したのだ。こっちに歩いてくる彼の顔を追っていると、ようやく目があった。

「ね」
ささやかに声をかけると、
「あ」
ささやかな返事。気付いたのやら。

「あ、あの、体育の人だ」
おい、ちょっと待て。いや、間違ってはいないのだけれど、なんとなく拍子抜け。思わずくすくす笑いながら、
「そうだよ」
と手をふった。

キーボードの前の彼は眼鏡なんかかけちゃったりして、自分の画面と自分の友達に夢中でこっちなんか全然振り向いてもくれなかったんだけど、いつでも微笑を浮かべたような顔が、隣りからの一言でくしゃっと崩れて笑う瞬間なんかがとっても素敵だった。やっぱりこれから楽しくなりそうな、甘い予感。

いつだって、目的地に楽しみが待ってるってことが、毎日を豊かにさせるのだ。
ノンフィクション99% / comments(2) / - / mippo /